終活老後を支える契約

財産管理契約

財産管理委任契約とは、自分の財産の管理やその他の生活上の事務の全部または一部について、代理権を与える人を選んで具体的な管理内容を決めて委任するものです。 例えば、銀行口座からお金を引き出す、各種の支払いをする、介護保険の申請をするなどがあります。 判断能力は十分あるが身体が不自由になった時に、自分の代わりに「財産管理」や「介護・医療・役所関係等の事務手続」を行ってもらうための契約として、「財産管理契約」があります。「事務委任契約」と呼ぶこともあります。

財産管理契約でできること

  • 財産の管理、保存、処分に関する事務
  • 金融機関との取引に関する事務
  • 定期的な収入(年金等)の受け取りに関する事務
  • 定期的な支出(医療費や各種福祉サービスの利用等)の支払いに関する事務
  • 生活に必要な財産の購入に関する事務
  • 各種福祉サービス利用の契約手続きに関する事務
  • 医療機関への入院手続きに関する事務
  • 福祉施設への入所手続きに関する事務

任意後見契約

認知症や外傷によって判断能力が失われてしまうと、自分で財産を管理したり契約をしたりすることが困難になります。 このような場合に自分の代わりに財産管理をしてくれるのが後見人です。任意後見制度とは、今は元気で何でもできるけど、将来、物事を認識する能力が低下して、財産の管理や、医療、福祉などのサービスを受ける際の手続きに不安があるという方を対象にした支援の制度です。 具体的には、支援を受けたい人に選ばれた任意後見人が、任意後見契約で決められた内容を実行していくものです。これを後見業務と呼びます。 後見業務の内容は、財産管理と医療や福祉施設の利用手続きが主なものです。

見守り契約

支援する人が本人と定期的に面談や連絡をとり、備えとしての成年後見制度(任意後見)をスタートさせる時期を相談したり判断してもらう契約です。

見守り契約をすることによって、定期的に本人と支援する人の意思疎通が可能になるため、備えとしての成年後見制度(任意後見)の契約をしてから数十年間本人と会わないといったようなことを防ぐことができ、信頼関係を継続させることができます。

一人暮らしの高齢者の方や、近くに頼れる家族がいない方等、定期的に訪問や電話により連絡を取り合うことで、本人の健康状態や判断能力の状況を確認し、安心した生活を送れるように支援する契約です。高齢者住宅に入居されている方であれば、施設が体調の変化等を把握してくれますが、一人で生活されている方は、近くに支援してくれる方がいないと判断能力が不十分になったり、一人で財産管理ができなくなって困っていること等に気付いてもらうことができません。そのような方が見守り契約を結んでいれば、支援者と定期的に連絡を取り合うため、本人は体調の変化や心配事を相談することができ、支援者も本人の状況が把握でき安心です。

死後事務委任契約

死後事務委任契約とは、委任者(本人)が第三者(個人、法人を含む)に対し、亡くなった後の諸手続、葬儀、納骨、埋葬に関する事務等についての代理権を付与して、死後事務を委任する契約をいいます。

たとえば、葬儀の手配、病院や介護施設などへの治療費や利用料の支払い、公共料金の支払い、年金受給の停止手続きなどを契約した相手に行なってもらうものです。 これらの手続きは、通常は亡くなった本人の親族が行ないます。しかし、本人に身寄りがなかったり、親族がいても疎遠になっていて連絡先もわからない、などといった理由がある場合には、誰かがその代わりをしなければなりません。そこで、死後の事務委任契約を活用することで、その問題の解決を図ります。

死後の事務委任契約でできること

  • 医療費や介護施設利用料などの支払いに関する事務
  • 家賃・地代・管理費等の支払いと敷金・保証金等の支払いに関する事務
  • 老人ホーム等の施設利用料の支払いと入居一時金等の受領に関する事務
  • 相続人や関係者への連絡
  • 通夜、告別式、火葬、納骨、埋葬に関する事務
  • 墓石の建立、永代供養、菩提寺の選定に関する事務
  • 貸借物件の明け渡しに関する事務
  • 死亡届、年金受給手続き停止、公共料金等諸届け事務
  • デジタル遺品の整理、消去

エンディングノート

エンディングノートは、人生の終盤に起こるかもしれない「万一」に備えて、自分の想いや希望を記入しておくためのノートをいいます。 周囲にできるだけ負担をかけたくない・・・ 穏やかに老後を過ごしたい・・・ やすらかに最期を迎えたい・・・ 想いを実現するためには、具体的に考え行動することが必要です。 エンディングノートは「気づき」のノートです。エンディングノートに記入しながら、自分がどんな老後を過ごしたいのか、どんな最期を迎えたいのか、そしてその想いを実現するためには、どのような準備が必要なのかを確認することができます。

自分について

名前、住所、本籍、生年月日、家系図などの基本的な情報から、学歴、職歴、座右の銘、趣味、特技、思い出、住所録、緊急連絡先等様々な内容を盛り込んでいるエンディングノートもあります。 なお、エンディングノートには大切な情報をまとめて記載でき、災害時にも役立つことから避難袋に入れる方もいらっしゃるようです。

これからについて

①医療 ②介護 ③葬儀 ④納骨 ⑤お墓

「介護が必要になった場合、誰に看てもらいたいですか?」このような質問形式のものが多いです。介護、医療、葬儀、お墓など普段の生活ではあまり考えないことを考えるきっかけになります。

財産について

残された家族が相続手続をする際にも役立ちます。 相続手続の相談の際に多いのが、「どこに何があるのか全く分からない」というご相談です。ご夫婦でもどこに預金しているか、通帳はどこにあるか等分からないことは多々あります。一覧表にまとめておけば、手続の漏れを防ぐことができます。

大切な人へのメッセージ

面と向かって言えない感謝の気持ちを伝えたり、 最後のラブレターにされる方もいらっしゃいます。